スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16.出会いを寄せつける女になる

前回は、好意を素直に出していこうと言いました。

最近はすっかり男性が恋愛に消極的になってしまって、女性からアプローチした方がいいという意見もよく聞きます。
女性からアプローチをするかしないかでいえば、したほうが絶対にいい。
男性の恋愛が消極的でなくてもアプローチはしたほうがいい。
でもアプローチができないという人はそれはそれでしなくてもいいんです。
むしろ、アプローチができないくらいのほうがいいのです。しつこいアプローチは嫌がられます。
「こんなことを言って迷惑じゃないかな」と心配するくらい繊細な方が最終的に恋愛上手になるものです。

恋愛って主導権は男に握らせないとダメなんですよ。
どんなやさ男と付き合っていてもそれは同じです。

主導権っていうのは何かっていうと決定権なんですね。
女性側が色々アイデアを出して最終的に男が決定する。これが一番いい。

男にとって重要なのは誰が決定を下したのかということなんですね。
女性は何をするのかというところを重視します。
だから女性がしたいことを言って、男が決めるとうまくバランスがとれるんですね。


デート中もそうです。
行きたい場所を提案するのは女性で、実際に行く場所を決定するのが男性というのが理想です。これがうまくできる人は例外なくモテますね。

例えば、夕飯を食べてなんとなく時間があいて、帰るには早い。
「どこか行こうか」なんて言っても、それほど親しいわけじゃないから、(男が)どんな店にいけばいいのかわからない。
こんなときに「お酒飲もうよ、静かでちょっと飲めるようなところでもあればいいんだけど」なんて言います。
そういうところは普通バーしかありませんから、「どこどこにバーがあるんだけど」って男がいいます。
「いいね、行こう行こう」ってなるわけですが、一応これで男の方が店を決めたことになります。
これはリードできているような感じがして男性としては心地よいわけです。
帰りに「リードがよかったから楽しかった」なんて言えば、一気にあなたの順位は上昇してるはずです。

#リードさせることのできる女がモテる

プロフィール

マナレン

Author:マナレン
真夏みのり
 
趣味はマッサージです。



Twitterやってます。
@manatsuminori

メルマガ[真夏みのりのモテ道場(月額577円)]は現在休止中です。
再発行までお待ちください。

メールはこちらへどうぞ
manaren2010☆gmail.com

出版依頼とかね☆

RSS
RSSアイコン
アクセス
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。