スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お礼の電話

デートのあと、はじめてアドレスを交換したあと、などできる限りお礼の電話をしたほうがのぞましいものです。

もっとも、お礼の電話といっても、何を話せていいかわからないかもしれません。

お礼の電話というのはかけたという事実が大事なのであって、何をいうかは大して問題ではないのです。

「先日はどうもありがとうございます。とてもオイシイ食事でした」というだけでもいいのです。

私のお薦めは、絶対に言わなければいけないことをメモしておきます。
食事のお礼なら、「先日はどうもありがとうございます」がそれに該当します。

そして、とりあえず電話をして雑談をします。そろそろ話題が切れそうだな、というときに用件を伝えて、そのまま切ってしまうのです。

何にせよ、大事なことは、お礼の電話をかけたという事実です。

たとえ失敗してうまく話せなかったとしても何もしなかったよりはずっといいのです。
お礼の電話をかけるチャンスがあれば、どんどんかけて上手になっておくことです。

プロフィール

マナレン

Author:マナレン
真夏みのり
 
趣味はマッサージです。



Twitterやってます。
@manatsuminori

メルマガ[真夏みのりのモテ道場(月額577円)]は現在休止中です。
再発行までお待ちください。

メールはこちらへどうぞ
manaren2010☆gmail.com

出版依頼とかね☆

RSS
RSSアイコン
アクセス
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。