スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つまらない話~詳細篇

「近所の大山さんの娘さんが、今度結婚するんですって。相手は同じ高校、同じ大学で、会社も同じなんですって」
こんな話を母がはじめます。
「ふうん、大山さんって誰だっけ」
「ほら、あそこの仙田さん家の正面よ」
「わかんないなあ」
「仙田さんの家は、うちからだと……」
こうして、仙田さんの家の場所の説明が延々と40分も50分も続くのです。

これはつまらない話の典型です。
この話では仙田さんの家がどこにあるかというのはどうでもいいことですし、聞き手の私がまったく興味をもっていません。
ただしゃべっている本人が説明しないことには気が済まないだけなのです。
往々にして話のつまらない人というのは、どうでもいい細かいことにこだわるのです。
テンポも悪いし、最終的には何の話をしていたのかわからなくなります。
この話も、「もういいうるさい」と私が言って、母も「なんであなたは近所の家もわからないの! 何年ここに住んでるの!」と言い返して終わります。
大山さんの娘が結婚したという話はもうどこかへ行ってしまっています。

話がおもしろい人は、要点だけをかいつまんで話をします。
つまらない詳細にこだわってないか、気をつける必要があるのです。
特に男は話を聞くときに割り込まないので、黙っています。
これは聞いているのではなく、我慢をしているのです。
これが続くと、「一緒にいてもつまらない人」になってしまうのです。

プロフィール

マナレン

Author:マナレン
真夏みのり
 
趣味はマッサージです。



Twitterやってます。
@manatsuminori

メルマガ[真夏みのりのモテ道場(月額577円)]は現在休止中です。
再発行までお待ちください。

メールはこちらへどうぞ
manaren2010☆gmail.com

出版依頼とかね☆

RSS
RSSアイコン
アクセス
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。