スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頼る技術

誰にでも得意なジャンルというものがある。
それを見極めて、それについて頼りにしていくという方法は有効だ。
例えば、コンピューターに強い人なら、困ったときに何かと頼りにすれば、それだけでも関係はよくなっていく。
(おまけにコンピューターならトラブルが起きたときに電話をしたり、何かと口実を作りやすい)
サッカーが得意だったり、一見すると頼ろうにも頼りようがない特技を持っている人(失礼!)がいても、その使い方がセンスの見せどころだ。
私なら、「ずっとわからないことがあったんだけど、聞いていい?」と話題を切り出す。
そこから、「サッカーに興味が出てきた」と色々聞いていけばいい。

したがって、1.相手の得意分野を見つける、2.それについて頼りにするという2ステップが必要だ。

得意分野の見つけ方も、頼り方も、経験則によるところが大きい。
慣れれば、相手が自分でも気付いていないようなところを見つけることができる。
そこまでいけば、男など自由自在だ。

プロフィール

マナレン

Author:マナレン
真夏みのり
 
趣味はマッサージです。



Twitterやってます。
@manatsuminori

メルマガ[真夏みのりのモテ道場(月額577円)]は現在休止中です。
再発行までお待ちください。

メールはこちらへどうぞ
manaren2010☆gmail.com

出版依頼とかね☆

RSS
RSSアイコン
アクセス
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。