スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずいい商品になること

このコラムを読んでいたり、私の恋愛論を読んだりしている人は、「随分、気遣いにうるさい人だな」と思うかもしれない。

私も読み返して、気遣いのことばかり書いているなと思う(ちなみに外見や身だしなみについては敢えて書かないようにしている。そういう恋愛論にしたいと思っているから)。

でも気遣いのできない人は結局人の気持ちがわからないということだし、それでは優しい人にはなれない。
好みのタイプを聞かれて、「優しい人」と答えるのはたしかにつまらない解答だけど、それだけにモテるエッセンスの最大公約数として「優しい人」というのは恋愛の、あるいは人間関係を構築する上で大前提となるのではないか。

掲示板の書き込みひとつとっても、読み手がどう受け取るかをとても考えているとは思えない文章に出会うことがある。
気遣いのできない人が多い中で、そういうことができれば、その魅力に気付いてくれる人は必ず現れる。
恋愛の技術は営業の技術のようなものだけれど、営業するにしても商品がいいというのは売る方も買う方も当然の前提のはずだ。

頑張っても売れない営業マンは応援したくなる。
だけど、粗悪品を売りつけようとして、成果の出ない営業マンを一体だれが応援しようと思うだろう。


プロフィール

マナレン

Author:マナレン
真夏みのり
 
趣味はマッサージです。



Twitterやってます。
@manatsuminori

メルマガ[真夏みのりのモテ道場(月額577円)]は現在休止中です。
再発行までお待ちください。

メールはこちらへどうぞ
manaren2010☆gmail.com

出版依頼とかね☆

RSS
RSSアイコン
アクセス
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。