スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告白のコツ

当たり前だけど、恋愛をする上で、できることなら誰も傷つきたくはない。
だから、中高生の頃に全力投球の恋愛を一度か二度してボロ雑巾のようにこてんぱんに打ちのめされると、後の恋愛はすっかり及び腰になってしまう。
気付けば常に5~6個の恋を抱え、自分のことを好きそうなのから順番に付き合っていく。
特に女性はこの傾向が強い。

恋愛は化かし合いという側面もあり、一方が先に強い好意を見せてしまうと、もう一方は自分の情熱をほんの僅かに見せるだけでも恋愛が成立する(押し切られたという形で付き合うことが可能である)。
当然、傷つきやすいのは、強い好意を見せたほうであって、こちら側をリスクを背負うことになる。この場合、リスクを背負ってもらったほうが幾らか気が楽になる。

傷つきたくないのはお互い様なのだから、積極的にリスクをとってくれる人は付き合いやすい。
だから、「僕でよかったら、付き合ってください」という告白はよくない。
「僕でよかったら」という条件が不要だ。
「付き合おうよ、うまくいくよ」のほうがいい。

「私は気乗りしないけど、そこまで言うなら……」くらいに思わせないと、告白の成功率は少しも高まらないのだ。


プロフィール

マナレン

Author:マナレン
真夏みのり
 
趣味はマッサージです。



Twitterやってます。
@manatsuminori

メルマガ[真夏みのりのモテ道場(月額577円)]は現在休止中です。
再発行までお待ちください。

メールはこちらへどうぞ
manaren2010☆gmail.com

出版依頼とかね☆

RSS
RSSアイコン
アクセス
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。