スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女次第で私は慰謝料300万円の対象です。

【マジレス】誰かすぐ相談に乗ってくれませんか?314
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/furin/1291878663/


118 名前: sage 投稿日: 2010/12/13(月) 18:13:16 O
■相談です■
私→22歳学生、1か月前彼氏と別れたばかり。
相手→33歳バイト先の副店長、妻子持ち。
今年の3月から入社したバイト先の副店長に、
恋をしてしまって本当につらいです。
今年の8月ごろから、当初付き合ってた彼氏と別れそうになり、
その相談にいつも親身になって相談してくれてました。
一か月前ついに彼氏とは別れたのですが、その時も慰めてくれました。
それからご飯連れてってくれたり、頻繁にメールするようになり、
元々人として尊敬していたこともあり、段々と惹かれていきました。
しかしつい先日、早朝に重要な取引があって遅刻ができないのを理由に、
職場からとても近い私の家に一度泊めてほしいと言われました。
私はその時完全に舞い上がってしまい、一晩泊めました。
何かあればいいと願いつつ、何もありませんでした。
でも近いからまた泊まらせてとか、飲みに行こうとか、
色々と誘ってくれ、今の奥さんと完全に冷めてしまったとも聞き、
何らかの形で私に好意を持ってくれてるのは確かです。
そして私は今更になって、泊めたことを後悔してしまってます。
体の関係がなくても、一晩泊めたことは不貞行為に当たり、
奥さんにばれてしまえば、彼女次第で私は慰謝料300万円の対象です。
それだけでなく、やはり彼の家庭を壊したくはないし、小さいお子さんもいるし、
最終的に私は辛い思いをするのが目に見えてきたからです。
また、彼氏と別れたばかりで寂しさゆえに、妻子持ちの人に、
欲情してるだけなのかもしれません。

119 名前: sage 投稿日: 2010/12/13(月) 18:14:25 O
長々と書いてしまいましたが、ここからが相談です。
もう二度と彼を家には泊めたくないのですが、
これからも良好な上司と部下の関係を築き続けるために、
また高確率で私に好意を持ってくれている彼を傷つけないために、
次泊めさせてと言われたときに、どのように断れば良いでしょうか。

今のところ自分には二つ案があって、
1つ目「新しく彼氏ができちゃいましたっv彼氏に悪いんで泊められませんvvv」と軽いノリでいう。
2つ目「体の関係がなくても一晩泊めることは不貞行為です。
奥さんに慰謝料請求されても知りませんよ」と正直に言う。

くだらないかもしれませんが本気です。
よろしくお願いします。


122 名前: 名無しさんといつまでも一緒 投稿日: 2010/12/13(月) 18:48:15 O
>>119
とりあえず二つ目を言ってみてビビらせる


123 名前: 名無しさんといつまでも一緒 [sage] 投稿日: 2010/12/13(月) 18:55:22 0
ふたつめの方が色っぽくて
うまく雰囲気をつくれば男心をくすぐる

だいじょうぶだよ
だめですぅ
だいじょうぶ
だ~め
※ループ

このループを続けられるなら
2の方が好意と上司部下の関係を
より強くすることができる


124 名前: 名無しさんといつまでも一緒 [sage] 投稿日: 2010/12/13(月) 18:58:52 0
>>119
妻子ある人を好きになるのは別にいいと思いますが、
お互いにそれ以上を望んでいるのなら
現段階ではオススメ出来ません。
まぁ、個人的にですけどね。

泊めたくないのなら、2つ目の案をそのまま言ってしまうんではなく、
「いくら冷めてるとはいえ、家庭があるんだから、泊まるのはよくない」とやんわり伝えるのはどうでしょうか?






どちらの案もダメです。
まず一つ目はそれほど悪くないのですが、あなたはその人のことが好きなのですから、まただらしなく泊めてしまいます。
文章の感じから嘘をつくのが得意そうな感じはしませんので、そういった陳腐な嘘はすぐに見抜かれてしまいますし、これから先、副店長から「新しい彼氏はどうなの」と言われるたびに苦しむことになります。
もっと言えば、そんな嘘は以前に恋愛相談をしていたこともあって、すぐにバレてしまいます。
嘘をついているのを知っている人と気付かれないで嘘をついている人では力量関係に著しく差が出てしまいます。
「嘘でしょ?」と言ってくれるならまだしも、それを利用されて付け入られる可能性もあります。
一つ目は案としては悪くありませんが、それを使うにはあなたの能力が不足しています。

二つ目はもっとダメです。
これは完全な責任転嫁です。
あなたの(これから先)泊めたくないという気持ちは、だらしない自分への嫌悪感なのです。
それを、法律をもちだして、不貞行為だの300万だの、「彼のため」だの言ってしまうのは、あなたの弱さです。卑怯なのです。
泊めたときのあなたの心の動きを鑑みれば、あなたは明らかに共犯です。
あなたがやっていることは、強盗をして利益を分配した後に、「これは悪いことだから、もうやめよう。もうかかわりがなかったことにしてくれ」と言っているくらい虫のいい話なのです。


ただ、不倫をしたくない、彼の家庭も壊したくないという気持ちはあなたの優しさ、考え方でもあります。
そこに幾らかの自己防衛の要素が入っていたとしても根本的には嘘、偽りではないはずです。
不倫は一度すると、習慣になります。
いま、あなたが副店長をとって不倫の道に進むのか、それともまっとうな恋愛をしていくのか。あなたはいまその岐路に立たされています。
立たされていますが、決断のときは今ではありません。
どちらの選択肢も「いま」、「予防として」あなたができることです。
いまあなたが全てことは、あてにならない未来の決断ではなく、待つことなのです。
決断のときは、実はまだ来ていないのです。
それを踏まえ、次に彼があなたの家に泊まりたいと言ってきたときにはっきり断ればいいでしょう。
そのときが、決断のときなのです。

待つには別の方向に全力を注ぐことです。
新しい恋愛をすれば、楽しく待てますし、彼を断ることに何のためらいもないでしょう。

真夏みのりでした。


p.s.
あなたの中で不倫をしたくないという気持ちが強いなら、その職場は辞めることを薦めますよ。
一度ドロドロしてしまった職場はなかなか元に戻らないものです。

一つ目の案がダメな理由については、『監獄の誕生』(ミシェル・フーコー)という本が参考になるでしょう。

プロフィール

マナレン

Author:マナレン
真夏みのり
 
趣味はマッサージです。



Twitterやってます。
@manatsuminori

メルマガ[真夏みのりのモテ道場(月額577円)]は現在休止中です。
再発行までお待ちください。

メールはこちらへどうぞ
manaren2010☆gmail.com

出版依頼とかね☆

RSS
RSSアイコン
アクセス
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。