スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じるのに理由はいらない

信じられる人に、自信を与えられるということでした。
この信じるというときに、条件とか理由・根拠をつけてはいけないんですね。

だってそうでしょう。
「~だから信じる」というのはあんまり信じてないですよね。
公務員だから彼は大丈夫だ、っていうのは彼じゃなくて公務員を信じてるだけですよね。
これ、ダメなんです。実は全然信じてない。
私の話も、「あ、これは蝶々さんも言ってた。だから言う通りにしてみようかな」っていう人がいるんですね。だったら蝶々さんの本を読めばいいじゃないかという感じでしょう。

ですから、信じるというときは丸ごと信じなきゃいけない。
私がこうして書いているコラムも、「これはそうかもしれないなあ」、「いやーこれは違うでしょ」なんて勝手に取捨選択してたら、結局自分のやりたいようにやってるのと同じですよね。
丸ごと信じないとダメなんですよ。

せっかくだからやってみよう、こういうチャレンジ精神が信じるときには必要なのではないかと思います。

プロフィール

マナレン

Author:マナレン
真夏みのり
 
趣味はマッサージです。



Twitterやってます。
@manatsuminori

メルマガ[真夏みのりのモテ道場(月額577円)]は現在休止中です。
再発行までお待ちください。

メールはこちらへどうぞ
manaren2010☆gmail.com

出版依頼とかね☆

RSS
RSSアイコン
アクセス
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。