スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大丈夫の一言もないんだね

☆どんな話でもウザいくらい相談に乗ります155☆
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/break/1289716745/


2 名前: 名無しさん 投稿日: 2010/11/14(日) 16:42:09
聞いて下さい。
私25彼36
つい六日前に彼から、疲れちゃった・恋愛する気力がなくなったとメールで言われ、事実上別れる事になりました。
事の発端は彼とご飯を食べに行った時、私は少し前から風邪で体調が悪かったのですが、誘われた時は落ち着いていたので出かける事にしました。
しかし食べてる最中に怠くなってきて、彼は大丈夫?と心配してくれましたが平気と答え、その後お茶する事になりました。
しばらくして私の体調は悪化。彼に、ごめん具合悪いと言って、彼が帰るか?と尋ねたので、頷き帰る事になりました。
帰りの車中彼は無言で私はそれに何故か悲しくなり、具合悪いの嘘だと思ってる?と聞いたら、彼は何で?とだけ答えまた沈黙になりました。
そうして家に着いて私は帰りがけに、大丈夫の一言もないんだねと半泣きで彼に言い、彼は何も言わず帰りました。
家に着いてから彼からメール、それには、俺が今まで具合悪いと言って心配しなかった事があるかい?返事するのも怠そうだったから直ぐに帰ろうと思ったんだよ、今の君には俺をそんな風にしかみれないんだね、というような内容でした。


3 名前: 名無しさん 投稿日: 2010/11/14(日) 16:50:28
>>2です 続き
 
私はその日にメールを返す事なく、翌日反省して謝りのメールを送りました。しかし返事は無し電話もでないで一週間、ようやく彼からのメールはこんな内容でした。
 
気持ちが通じてなかったんだよね…
言葉にしないと解らないというのは勿論だとは思うけど…
「大丈夫?の一言もないんだね」と言われた時に、俺が今までずっと想ってきた事が、伝わってなかったんだと思いました。同時に俺も〇〇ちゃんを元気にしてあげたい気持ちが強かったばかりに、無理をさせていたんだなぁ…と自己嫌悪になってしまって…
そして、その瞬間にプツン…と突然糸が切れてしまったように恋愛をする気力が無くなってしまい…〇〇ちゃんを支えて行ける自信が無くなってしまったんだ…。
今の俺には〇〇ちゃんの気持ちに応えてあげれないような気がします…
それがとても申し訳なくて…本当にごめんなさい。でも、せっかく出会ったご縁だし、困った事があれば何でも言って下さいね。俺で出来る事は協力するよ。
勿論、逆もある訳だし。
そしてたまには、ご飯でも行こう。
出会ってから1年半くらいの短い時間だったけど、とても幸せな時間でした。今まで本当に有り難う。身体には気を付けて元気に暮らして下さいね。



4 名前: 名無しさん 投稿日: 2010/11/14(日) 16:58:12
>>2 続き
メールが来た後何度も電話をしましたが出てくれず、反省している、何とか別れたくない事を伝えたメールを送りましたが、彼からの返信はこれでした。
 
有り難うね。
気持ちは嬉しいけど、もう決めた事なんだよ。
実家の事や仕事の事や…
いろんな事がある最中ではあるけど、夜も寝ないで考えた事なんだよ。
最初はとっても寂しいし、辛いのはお互いとも同じです。
でも、それを超える日が必ずくるし、超えなければダメなんだよね。
一年という短い時間だったからこそ出来る事なんだと思います。
そしていつか、笑顔で会える日が来るよ。
俺を待つのではなく、新しい道を歩んで下さい。



5 名前: 名無しさん 投稿日: 2010/11/14(日) 17:06:18
私は彼との縁が切れるだけは止めたかったので、友達でいいから、もう会えないような事は言わないでとメールを送り、彼は 勿論だよ、俺が困った時は相談に乗ってね
という返事で終わりました。
私は確かに酷い言葉を言ってしまいましたが、これで終わるのは納得出来なくて、電話も出てくれない、相談無しの別れにどうしたらいいかわかりません。
彼が電話にでないのは気持ちがブレるからかなと考えたり、嫌われたんだと考える事ができません。
とても長くなり申し訳ありませんが、アドバイスいただけたら幸いです。








彼は、あなたを重く感じてしまって、あなたの顔を見たり、声を聞いたりすると疲れを感じるようになってしまっています。
あなたの着信履歴を見るだけで、ドッと疲れてしまうのです。

しばらくの間はまったく連絡をとらずに距離を置いてください。
電話もしない、メールもしない。
半年待てば、元に戻る可能性があります。
今日という日付を記録して、半年後の日付を記録してください。
その日まで、ずっと我慢してください。

その間に、成長していれば、半年振りに彼と会ったときに元に戻れます。
以前と同じでは、また別れてしまうことは目に見えています。
半年の間に変わるのです。


もう過ぎた話ですが、反省点を幾つか。

「大丈夫の一言もないんだね」という言葉が彼を追い込んでしまっています。
彼はあなたを気遣って、わざわざ予定をあけたデートを潰してまで、あなたを帰してくれています。
これは彼の優しいところですが、そこには触れずに、批難する形であなたは彼にメッセージを発しています。
彼は、一瞬どうしていいのかわからなくなります。
せっかく体調が悪いから心配して、帰してあげたのに、「大丈夫の一言もないんだね」と優しくない旨の発言を言われると、一体どうすればよかったんだと思ってしまいます。

要するに、彼は親切のつもりで、あなたを帰したのに、あなたから親切の不備を指摘されたので、自分の限界を感じてしまったということです。

「支えて行ける自信が無く……」という言葉にあるように、彼はあなたを支えようとしていたのですが、彼が思っているよりも、あなたを支えるには力が必要で、いままで支えていたつもりがその実、少しも支えていなかったんだということに気付いて諦めてしまったのです。


では、今後どういう方向に変わっていけばいいかと言いますと、今してもらっていることを逐一指摘できるようになることです。
彼はあなたに色々なことをしてくれますが、それがどう思われているのかまったくわかりません。悪いこともそうですが、いいことも言わなければ何も伝わらないのです。
例えば、二人でカフェに行って、何気なく彼が椅子をひいてくれた。
こんな行為ひとつでも彼は不安なのです。キモいと思われているのか、喜んでもらえているのか、当然だと思われているのか、何もわからないのです。
そういうときに、逐一「嬉しい」と口で言えるようになることです。
嬉しい感情を常に口にできる習慣を身につければ、もう大丈夫です。

#彼の前では嬉しい感情を常に口にしよう




プロフィール

マナレン

Author:マナレン
真夏みのり
 
趣味はマッサージです。



Twitterやってます。
@manatsuminori

メルマガ[真夏みのりのモテ道場(月額577円)]は現在休止中です。
再発行までお待ちください。

メールはこちらへどうぞ
manaren2010☆gmail.com

出版依頼とかね☆

RSS
RSSアイコン
アクセス
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。