スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女に週6で会って、帰ったら常にメールして

週6で会おうとする彼女が普通でないなら、彼女が求めている人もまた普通でない人なのです。



必ず誰かが真面目に相談に乗ってくれるスレPart552
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/pure/1299592530/

328 名前: 名無しさんの初恋 投稿日: 2011/03/17(木) 01:36:44.16 ID:d5ZLd3Dk
両者とも19歳

彼女に週6で会って、帰ったら常にメールして、寝る2時間前くらいから電話して
って言われるのが辛いです
付き合って3か月くらいの時は週4くらいで会ってたんですけど、最近は酷すぎる…

彼女曰く、会わないって言うのは絶対無理。その代りちょっと早めに帰る(彼女の門限は8時)し、
しんどかったらお昼から会ってもいい。自分の好きなことができないって言うなら家に行って好きなことしててもいい
とにかく同じ空間にいてほしい、とのこと

家も近いわけでなく、通学定期で来れるとこまできて、俺が自転車で3駅分程きつい坂のある道を送り迎え…
正直しんどいし、自分の趣味も、昼と夜の両方塞がれてはままならない始末

これって普通なんでしょうか?
自分は誰かと付き合うのはこれが初めてなのでよくわかりません
確かに、お風呂に入る時間や、晩御飯を食べる時間など、こっちに合わせて全部動いてくれるところや(それも自分がメールしたいだけですが)
俺の趣味を理解してくれるところ、明るくてよくしゃべるところは好きなのですが
いかんせん束縛がきつすぎるように感じます
俺が束縛されるのが嫌いだからでしょうか

自分が我慢すべきなのか、それとも彼女が我儘すぎるのか、返信よろしくお願いします

因みに17時からのバイトはいいらしいです。それでも正午からのバイトとかは無理って言ってました


329 名前: 名無しさんの初恋 [sage] 投稿日: 2011/03/17(木) 01:40:00.58 ID:DjRSSILo
>>328
いや、彼女が異常
こういうタイプは束縛がエスカレートして天井がない
もっともっと要求されるよ

話し合いは無駄だから、切った方がいい


330 名前: (*´∀`*) ◆??? [sageろしゃぶ] 投稿日: 2011/03/17(木) 01:43:36.41 ID:b4D+qeJi
>>328
人が一人一人違うのと同じで
カップルはそれぞれ一組一組その付き合い方は違います
全部違うのそのどれもが「普通ではない」のが「普通」です

ですが
「束縛がきつ過ぎるのでこれでは無理。会う頻度を減らすか
さもなければ交際を解消するしかない。何とかして欲しい」と
彼女にSOSを出してみてください







彼女のことは好きだけど、その付き合い方がつらいってわけだ。

恋愛というのは二人でする以上、二人分の自由が存在し、それらを考慮しなくてはなりません。
そして、あなたの自由と彼女の自由は必ずしも一致しません。
したがって、恋愛には自由(スペース)の取りあいという要素が必ずあるんですね。

取りあいという以上、この問題については二人の関係は、恋人でありながらも敵対します。なぜなら、この問題は、あなたがやりたいことを彼女がやりたくないとき、あるいは彼女がやりたいことをあなたがやりたくないときにしか生じないからです。
単純に敵対する関係であれば、解決は簡単です。相手をこてんぱんにのしてしまい、全面降伏させてしまえばいいのです。
ところが二人は恋人ですので、こんてんぱんにのしてしまうと関係が終わってしまうかもしれませんし、そもそも恋人なのですから歩み寄るべきなのはいうまでもありません。
ですから、着地点がどこであっても、
>自分が我慢すべきなのか、それとも彼女が我儘すぎるのか
というような、オールオアナッシングの回答にはなりえません。

ある点については、あなたが妥協、ある点についてはあなたは譲らない、と個別的に自由を再分配することになるわけです。

例えば、彼女は、あなたと同じ空間を共有することが最大の目的なのですから、遠慮せずに彼女の家であなたの好きなことを(あるいはその逆を)していればいいのです。

何れにしても、彼女とよく話しあうことです。
不満が爆発したということではなく、いつもの電話の時間に自分の考えを話してみればいいのです。
結局このような話しあいができないと、あなたは恋愛関係において、一方的に譲歩しつづけることになります。その結果、一人で不満をためこんでしまい、ある日、不満が溜まって好きな人を失うことになってしまいます。
会いたい人と会いたくない人のどちらに合わせるかという問題は恋愛では必ず生じるものです。時間はかかりますが、何度も話しあってみることです。
自分がもやもやと思っていることを淀みなく伝えることも、恋愛技術のうちなのです。

考え方のヒントしては、それを我慢することで得られるメリットと、それを我慢しないことで維持されるメリットを比較してみましょう。

彼女が、このような恋愛が、普通かどうかというのはここでは一切問題になりません。普通というのはダメな恋愛のことです。週6で会おうとする彼女が普通でないなら、彼女が求めている人もまた普通でない人なのです。


真夏みのりでした。



プロフィール

マナレン

Author:マナレン
真夏みのり
 
趣味はマッサージです。



Twitterやってます。
@manatsuminori

メルマガ[真夏みのりのモテ道場(月額577円)]は現在休止中です。
再発行までお待ちください。

メールはこちらへどうぞ
manaren2010☆gmail.com

出版依頼とかね☆

RSS
RSSアイコン
アクセス
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。