スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カップルは対等でなければ嫌なのです。

必ず誰かが真面目に相談に乗ってくれるスレPart547
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/pure/1290702368/


378 名前: 名無しさんの初恋 [sage] 投稿日: 2010/12/04(土) 10:31:53 ID:A32Vf3ae
自分:大学1回♀
相手:大学1回♂
今付き合ってる人がいるのですが、高校からの付き合いで別の大学に進学しました。
私は有名私大に落ちFラン大学に進学し、彼は有名私大に進学。私は毎日つまらないのに対して、彼は楽しい大学生活を送れているみたいです。
自分はどんなに頑張っても無駄なのだと私は軽い鬱になって、無気力な状態が続いています。
彼を見ていると、あまりに彼と釣り合っていなくて自分が劣っていることを再認識させられます。
カップルは対等でなければ嫌なのです。
人から「ああ、彼女は頭悪いのね」と言われると彼の恥ですし私の恥でもあります。
彼と一緒にいると辛くなるから、別れたいと何回も言ったのですが「対等でなくていい。お互い補えばいい」と彼は言ってくれました。
それはすごくうれしいです。
でも彼に私は必要なのかと思うほど、彼を補うところはないし、私などいなくていい気がします。
下宿してる彼は、私がいるから心の支えになる、と言いますが私はそんな人の支えになれる人間ではありません。
彼といると辛くなることが多くなってきました。学校の話をされるとすごく辛いです。
私は異常なのでしょうか


381 名前: 名無しさんの初恋 [sage] 投稿日: 2010/12/04(土) 11:04:03 ID:UJ5XN9rj
>>378
あなたは異常じゃないですよ
恋愛をするって、相手の素晴らしいところにたくさん気づくってことだから
必ずどこか劣等感を刺激されるところがある
そうやって自分を見つめ直すことは自然なことです
きっとあなたはこれからたくさん成長できる人だと思いますよ
でもあなたがあまりに自分を見ることばかりにエネルギーをつかうのはどうかと思うな
あなたの話はあなたのことばかり
彼のことが好きなら彼のいまをもっと見つめてあげたら?
彼があなたを心の支えにしているっていうのは、
あなたへのなぐさめのことばじゃないと思いますよ
そのことの意味をもっと考えてみたらどうでしょう?





カップルは対等でなくては嫌ということですが、対等だから付き合えるのがカップルなのです。
いい男と付き合える女はいい女ですし、逆もまた然りです。

逆を考えてみてください。
あなたが有名私大に進学し、彼がFランの大学へ進学したら、彼は遥か下にいるので自分と合わないといって別れるのでしょうか。そうではないはずです。
対等というのは、偏差値が対等ということではありません。

ところで、書き込みを見ていて思うのですが、彼との問題というより、今の大学にいる自分が嫌でしょうがないのではないでしょうか。
今の彼が同じFランの大学だったら、楽しいかといえば、どうもそうではないような気がします。
もしそうだとしたら、そんな大学今すぐ辞めてしまって、別の大学の進学を考えてはいかがでしょうか。
学校もあまり楽しくないようですし、交際は彼だけにとどめて、勉強に打ち込むのもいいのではないでしょうか。
そうでないとしたら、180度開き直って、今の学校を楽しむ方向に向くしかありません。
今の学校がつまらないと思いながら何もしない時間ほど無駄なことはありません。
キェルケゴールのいうところの、「絶望を自覚することで絶望から抜け出す」ことが必要なのではないでしょうか。

#今の自分に納得ができない状態で恋愛はできない


ところで有名私大を目指していたということで、インテリのあなたにはお薦めの本があります。是非読んでみてください。
『死に至る病』(キェルケゴール・岩波文庫)という本です。

死に至る病(岩波文庫)

かなり難しい本ですが、少しずつ何度も読み進めていけば、心に染み込んでくる一節があるでしょう。
この本はキリスト教の理解が前提となりますが、それがわからなくとも、妙に染み込む一節があるはずです。
それが今のあなたの心境を見つけたということです。

#本を読んで自分を見つけよう

真夏みのりでした。
プロフィール

マナレン

Author:マナレン
真夏みのり
 
趣味はマッサージです。



Twitterやってます。
@manatsuminori

メルマガ[真夏みのりのモテ道場(月額577円)]は現在休止中です。
再発行までお待ちください。

メールはこちらへどうぞ
manaren2010☆gmail.com

出版依頼とかね☆

RSS
RSSアイコン
アクセス
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。